Home › Monthly Archives › 2月 2014

自分で青汁を作ってみよう

青汁の販売を始める会社が増えているそうです。自分でほしいビタミンや効果などを店員さんに相談して、オリジナルの配合を行うこともできるショップもあると言われています。またグリーンスムージーなどの流行もあり、自分で青汁を作っている人もいるそうです。


青汁に適した緑黄色野菜

青汁は大麦若葉や、ケールなどが人気です。またスーパーマーケットなどで購入しやすいものに、小松菜やブロッコリーの葉、大根の葉なども挙げられています。ほかに自分で飲みやすい味にするためにバナナやリンゴをいれる人もいるそうです。ホウレンソウは湯通ししてから入れるようにしましょう。これをジューサーにかけてしっかりと、こしましょう。そのあと、もう一度ミキサーなどにかけるとまろやかで飲みやすくなるそうです。


ミルクや豆乳で割っても美味しい

ミキサーにかけるときに一緒にミルクや豆乳をいれると、より飲みやすくなるそうです。生の葉っぱは傷むのも早いので、使う分に分けてからラップで包んで冷凍しておくと便利です。また野菜はそのまま生で食べることを考慮して、有機栽培のものを使うと安心ですね。野菜の知識もつきますし、自分で青汁を作るのも楽しいかもしれません。

子どもに青汁を飲ませるときの注意

青汁を利用する家庭が増えていると言われています。その中でも青汁は飲むだけで栄養が摂取できるということもあり、子どもに飲ませたいと考える親も多いそうです。青汁には食物繊維が豊富で、水分が不足しがちで、便秘になりやすい子供にも最適なのだそうです。


青汁は子どもにもいいがアレルギーに注意を

青汁を飲ませること自体が悪いわけではありません。特に多くの量を食べきれない子どもには、飲むだけでビタミンや食物繊維を摂取できる青汁は非常に効果があります。ただし、含まれる野菜にアレルギー反応がないとは限りません。敏感な体質の子どもや、アレルギー体質であれば、あらかじめ病院でアレルギーチェックを行い、飲ませたい商品の窓口などに問い合わせてみましょう。


はちみつを乳児に与えないこと

はちみつは大人には非常に栄養価も高くいいものなのですが、1歳未満の乳児には与えないこととなっています。腸内細菌が少ない赤ちゃんだけが感染してしまう菌などもありますから、飲みやすいようにはちみつを加えてあるものを乳児に与えるのはやめましょう。また便秘に効果の高いセンナなどは摂取し過ぎるとおなかを壊してしまうこともあります。最初のうちは少なめに飲ませるなどの工夫をしましょう。

青汁粉末を使ったお料理レシピ

青汁は飲みやすく、美味しくなっているそうです。まずい、もう一杯!というテレビコマーシャルなどの影響もあり、青汁は飲みにくい、まずいものと思いがちですが、現在は子どもも飲むことができるものもあるそうです。


粉末タイプの青汁でパスタも

粉末タイプの青汁は、お料理にも活用することができます。味は少し苦みの強い抹茶のようなものが多いことから、あまり入れ過ぎてしまうと味が壊れてしまいますが、子どもなどがいる家庭であれば、このおかずを一品加えるだけで、食物繊維などが少し増えます。青汁のビタミンは熱で破壊されないように加工されていますから、気軽に利用できるのもうれしいですね。水に溶かして飲むよりずっと摂取しやすくまた続けやすいのでおすすめです。


お子様に人気のパスタにも

子どもが大好きなスパゲッティなどにも活用できます。おすすめがグリーンカルボナーラです。玉ねぎやベーコンなどを炒めたら、そこに青汁を溶かしたミルク、卵黄(全卵でも大丈夫です)、生クリームを混ぜます。生クリームはコクを出すために利用するので少量で大丈夫です。全部をいれたら、手早くかき混ぜて火を消しましょう。あまり長く温めると分離してしまいます。

進化している様々な青汁

青汁を利用する人が増えているそうです。昔は若い人が飲むというイメージはなかったですが、現在は野菜不足などを解消するために、朝ごはんと一緒に子どもが飲むこともありますし、ダイエットや美容効果の面で、若い女性に向けた商品も増えているそうです。


青汁はタブレットやゼリーに

青汁は粉末タイプでお水やミルク、お湯に溶かすものというイメージがありますが、現在はその形も大きく変えています。タブレットになっているタイプは、大麦若葉の味やにおいなどがどうしても苦手な人にも人気が高いそうです。またグレープフルーツ味などのゼリータイプのものもあり、青汁なの?と目を疑ってしまうほど。これは女性向けに開発されているもので、コラーゲンやビタミンなど美容に効果の高いものが豊富に含まれています。


飲みやすく続けられるものを

青汁は一日飲んだだけでは効果がありません。毎日、欠かさないように継続して飲むことで効果が出ます。そのため、自分の好きな味や欲しい健康効果と別に、継続できる値段であるかどうか、というのも非常に大切なポイントとなってきます。青汁によって含まれる栄養なども変わってくるそうです。しっかりと商品の特徴を知って、健康に一歩近づけるといいですね。

飲みやすい青汁とその効果

青汁は飲みにくい、まずいというイメージがありますが、最近は非常に飲みやすく、美味しいものがふてています。また、粉末タイプのものは熱を加えてもビタミンなどが破壊されないということから、冬は温めて楽しむ、料理に入れることも可能です。


青汁で野菜不足を解消しよう

青汁は大麦若葉や、ケールなどが原料になっていて、会社によってさまざまな配合を行っています。中にはベースだけを作ってあり、ダイエット効果やビタミン不足など、本人の目的によって配合割合などを変更することも可能だと言われています。また体内で生成できない必須アミノ酸を配合しているものも人気が高いと言われているそうです。


食物繊維が豊富なのでダイエットにも

グリーンスムージーなどが流行しましたよね?あれはミルクや豆乳に生のホウレンソウや小松菜、リンゴなどを合わせてミキサーにかけたものです。同じように青汁にも美容効果が期待できます。食物繊維が含まれていますから整腸作用も期待できます。食事の前に飲んで、食べ過ぎを抑制するという人もいるそうですコラーゲンなどが配合されたゼリータイプなどもあり、どんどん形も味も進化しています。