Home青汁 › 飲みやすい青汁とその効果

飲みやすい青汁とその効果

青汁は飲みにくい、まずいというイメージがありますが、最近は非常に飲みやすく、美味しいものがふてています。また、粉末タイプのものは熱を加えてもビタミンなどが破壊されないということから、冬は温めて楽しむ、料理に入れることも可能です。


青汁で野菜不足を解消しよう

青汁は大麦若葉や、ケールなどが原料になっていて、会社によってさまざまな配合を行っています。中にはベースだけを作ってあり、ダイエット効果やビタミン不足など、本人の目的によって配合割合などを変更することも可能だと言われています。また体内で生成できない必須アミノ酸を配合しているものも人気が高いと言われているそうです。


食物繊維が豊富なのでダイエットにも

グリーンスムージーなどが流行しましたよね?あれはミルクや豆乳に生のホウレンソウや小松菜、リンゴなどを合わせてミキサーにかけたものです。同じように青汁にも美容効果が期待できます。食物繊維が含まれていますから整腸作用も期待できます。食事の前に飲んで、食べ過ぎを抑制するという人もいるそうですコラーゲンなどが配合されたゼリータイプなどもあり、どんどん形も味も進化しています。

Comments are closed.