Home青汁 › 子どもに青汁を飲ませるときの注意

子どもに青汁を飲ませるときの注意

青汁を利用する家庭が増えていると言われています。その中でも青汁は飲むだけで栄養が摂取できるということもあり、子どもに飲ませたいと考える親も多いそうです。青汁には食物繊維が豊富で、水分が不足しがちで、便秘になりやすい子供にも最適なのだそうです。


青汁は子どもにもいいがアレルギーに注意を

青汁を飲ませること自体が悪いわけではありません。特に多くの量を食べきれない子どもには、飲むだけでビタミンや食物繊維を摂取できる青汁は非常に効果があります。ただし、含まれる野菜にアレルギー反応がないとは限りません。敏感な体質の子どもや、アレルギー体質であれば、あらかじめ病院でアレルギーチェックを行い、飲ませたい商品の窓口などに問い合わせてみましょう。


はちみつを乳児に与えないこと

はちみつは大人には非常に栄養価も高くいいものなのですが、1歳未満の乳児には与えないこととなっています。腸内細菌が少ない赤ちゃんだけが感染してしまう菌などもありますから、飲みやすいようにはちみつを加えてあるものを乳児に与えるのはやめましょう。また便秘に効果の高いセンナなどは摂取し過ぎるとおなかを壊してしまうこともあります。最初のうちは少なめに飲ませるなどの工夫をしましょう。

Comments are closed.